男性と女性

快適な睡眠は敷布団で決まる|自分の体に合ったものを選ぼう

高反発と低反発の違い

ベッド

マットレスを買いにいった時に、よく目にするのが「低反発マットレス」という言葉ではないでしょうか。寝心地の良さでいえば低反発マットレスのほうが上ですが、肩こりや腰痛に悩まされているひとは、「高反発マットレス」がおすすめです。なぜ低反発マットレスじゃだめなの、と思うかもしれません。そんな人のために、「低反発マットレス」と「高反発マットレス」の違いについて説明したいと思います。まず、低反発マットレスの特徴ですが、体重をかけた時に体がマットレスにゆっくりと沈み込むため、包み込まれているかのような寝心地でぐっすり眠ることができるので、口コミでも人気になっています。一方、高反発マットレスは反発力があり、低反発マットレスのように体の形にフィットすることはありません。しかし、体圧を分散させる機能が優れているので、体にかかる圧力を均一に分散するのです。体重がかかっても押し戻す力が働くので、寝返りが打ちやすいという特徴があります。高反発マットレスが肩こりや腰痛に良いというのは、寝返りの打ちやすさにあるのです。低反発マットレスのように体にフィットするものだと、寝返りが打ちにくいというデメリットがあります。寝ている間にずっと同じ姿勢でいることが肩こりや腰痛の原因となってしまうのです。また、高反発マットレスは低反発マットレスに比べて通気性がいいというメリットもあるので、寝心地よりも腰痛・肩こりが気になるという人は高反発マットレスを検討してみると良いかもしれません。